Hot【B9 アニメ b9dm.org】

薬屋のひとりごと 動画15 Videos

薬屋のひとりごと 第21話

薬屋のひとりごと 第21話 内容:#21「身請け作戦」玉葉妃が再び懐妊した可能性があり、猫猫は翡翠宮で毒見役をすることになった。医局でやぶ医者に会った帰りに李白に呼び出された猫猫は、彼に紹介した緑青館の白鈴を身請けしたいと相談された。三姫のだれかが身請されるという噂を聞いて、白鈴に想いを寄せる李白は気が気でなく、思い悩んでいた。すると猫猫は、彼に服を脱いで裸になれと言い出す。

薬屋のひとりごと 第20話

薬屋のひとりごと 第20話 内容:#20「曼荼羅華」祭事に乱入して、大怪我を負うも壬氏を救った猫猫は、これまでに起きた祭具の盗難事件や、祭具の管理者の死亡など、祭事にまつわる一連の事件の繋がりを推理する。祭事を執り行っていた壬氏の立場や、意外な人物まで関わっていたこの事件について、そら恐ろしさを感じる猫猫。その一方、ありえない薬の存在を知って驚きを隠せない猫猫だが…。

薬屋のひとりごと 第19話

薬屋のひとりごと 第19話 内容:#19「偶然か必然か」軍師羅漢が猫猫の父親であることを知り、思い悩む壬氏。一方、猫猫は先日のぼや騒ぎに乗じて祭具が盗まれたことを李白から聞く。酒で亡くなった浩然以外にも、祭具の管理者の死亡、海藻の毒に倒れた官僚など、一連の事件に偶然とは言い切れない妙な繋がりを感じた猫猫は、壬氏に相談して、事件の再調査に乗り出す。

薬屋のひとりごと 第18話

薬屋のひとりごと 第18話 内容:#18「羅漢」壬氏と街で別れて里帰りした猫猫は、羅門に頼まれて緑青館の離れへと薬を届ける。そこには病に臥せる妓女がいて、猫猫は薬を飲ませつつ、昔の緑青館や当時の妓女たちのことを思い出して物思いにふける。一方、後宮に戻った壬氏は、事あるごとに壬氏に絡み、猫猫に興味を示す軍師の羅漢と話すうちに、猫猫との関係に気づく。

薬屋のひとりごと 第17話

薬屋のひとりごと 第17話 内容:#17「街歩き」国を滅ぼす原因にもなりそうな美貌の壬氏に、猫猫は化粧で別人に変えてくれと頼まれた。日焼けして見えるようにおしろいを塗り、体にさらしを巻いて不恰好な体型になり、平民の服を着て別人へと変身する壬氏。一仕事終えた猫猫は久しぶりの休みに里帰りを考えるが、水蓮と高順に引き止められて自分も変装することになってしまい、壬氏と共に街を歩くはめになった。

薬屋のひとりごと 第16話

薬屋のひとりごと 第16話 内容:「皆、昔のように茶会でもするといい」ーー息子に秘伝を授けずに亡くなった宮廷御用達の彫金細工師が残した不思議な遺言。壬氏から調べてほしいと頼まれた猫猫は、彼らの家を訪ねる。作業小屋、開かない箪笥、硝子製の金魚鉢、三兄弟それぞれに残された3つの形見と作業小屋の不思議な間取りの謎に気づいた猫猫は、細工師の遺言通り兄弟たちと共に“茶会”を開く。

薬屋のひとりごと 第15話

薬屋のひとりごと 第15話 内容:倉庫のボヤ騒ぎで拾った煙管が気になる猫猫。そんな折、高順から「河豚を食べて昏睡状態になった官僚がいる」と相談されるが、料理には河豚が使われていなかったらしい。猫猫は無愛想な若い武官の馬閃と共に真実を確かめるために官僚の家へ行く。厨房の棚には倒れた官僚の好物だという海藻があり、季節外れのその食材を、猫猫はこっそりと持ち帰った。

薬屋のひとりごと 第14話

薬屋のひとりごと 第14話 内容:#14「新しい淑妃」新たに後宮に入った楼蘭妃を交えて、上級妃たちに妃教育が行われることになった。官女試験に落ちて壬氏の部屋付きの下女となった猫猫は、玉葉妃と梨花妃の推薦もあり、その講師を頼まれる。緑青館から教材を取り寄せ、寝室での秘術を伝授する猫猫。その夜、授業を終えた猫猫が休んでいると、外から不審な音が聞こえ、好奇心が刺激されるが……。

薬屋のひとりごと 第13話

薬屋のひとりごと 第13話 内容:#13「外廷勤務」後宮を解雇されたものの、壬氏に身請けされる形でまた宮廷に戻ることになった猫猫。緑青館を出るその時まで梅梅たち三姫に可愛がられながらも、今度は自らの意思で宮廷へと赴く。しかし、新しい職場は慣れ親しんだ後宮ではなく、外廷にある壬氏の家だった。猫猫はこれまでとは違う待遇に戸惑うが、壬氏に官女になるための試験を受けるように言われる。

薬屋のひとりごと 第12話

BEYBLADE X 第12話 内容:#12「宦官と妓女」風明の一件による処罰は彼女の親族だけでなく、その関係者にまで及ぶ。そこには、かつて猫猫が人さらいに売り飛ばされた商家も含まれていた。後宮に残ることを望む猫猫だったが、口下手が災いして解雇されてしまう。花街に戻り、馴染みの緑青館で働いた猫猫。そんなある夜、白鈴・女華・梅梅の三姫の供として客の待つ屋敷を訪れると、見覚えのある人物がいて……。

薬屋のひとりごと 第11話

薬屋のひとりごと 第11話 内容:#11「二つを一つに」後宮の書物を調べるうちに、かつて阿多妃とその息子の身に起こった出来事と自分の養父である羅門の過去を知った猫猫は、風明のもとを尋ね、里樹妃を毒殺しようとした真意を問う。負い目を感じながらも敬愛する阿多妃に、息子の死因を知られないようにするため、犯行に及んだという風明。そして、彼女の思いを汲んだ猫猫はひとつの案を考える。

薬屋のひとりごと 第10話

薬屋のひとりごと 第10話 内容:外延で入水自殺した女官が園遊会で里樹妃に毒を盛った犯人だという噂が後宮に広がる。しかし、一介の下女が里樹妃の毒殺を目論む理由に疑問を盛った壬氏に、猫猫は女官が生前仕事をしていた柘榴宮の調査を命じられる。侍女頭の風明に案内され、大掃除を手伝う猫猫。すると、柘榴宮の外から様子をうかがう里樹妃の姿が見えて……。

薬屋のひとりごと 第9話

薬屋のひとりごと 第9話 内容:#9「自殺か他殺か」猫猫が里帰りから戻ったある日のこと、執務をしていた壬氏の元にひとりの武官の訃報が届く。死因は仲間うちでの宴会による酒の飲みすぎ。だが、武官をよく知る壬氏は納得がいかず、猫猫に酒による死因について尋ねる。すると猫猫は、武官の食生活と飲んでいた酒、そして酒が入っていたという酒瓶から犯人を推理するのだった。

薬屋のひとりごと 第8話

薬屋のひとりごと 第8話 猫猫(マオマオ)は、久しぶりに実家に泊まった翌日、慌てた様子で薬師を呼びにきた禿に連れられて、ある娼館に向かう。そこには毒を飲んだ妓女と男が倒れていた。行く先々で事件に遭遇する猫猫だが、手早い処置で二人を助け、羅門と共に治療にあたる。二人が息を吹き返し、娼館を後にした猫猫だったが、妓女たちから聞いた話や心中の方法に違和感を覚え、真相を推理する。 「薬屋のひとりごと」は、ライトノベルがヒーロー文庫(イマジカインフォス)から刊行されており、コミカライズも人気を集めている。アニメは「魔法使いの嫁」などの長沼範裕さんが監督を務め、TOHO animation STUDIOとOLMがタッグを組んで制作する。 舞台は、とある大陸の華やかな後宮で、“毒見役”の少女・猫猫が、美形の宦官・壬氏と共に陰謀やウワサのひしめく後宮で起きる事件に巻き込まれていくことになる。悠木碧さんが猫猫、大塚剛央さんが壬氏をそれぞれ演じる。

薬屋のひとりごと 第7話

薬屋のひとりごと 第7話 壬氏を救った猫猫の推理が語られる!! 壬氏の危機を救った猫猫から語られる、偶然を装った事故の背景。そこで明かされる事件の全容と、推理の先に辿り着いた官女の予想外の結末とは…!? そして壬氏から持ち込まれた「青い薔薇が見たい」という難題がきっかけで、猫猫が羅漢と向き合う事になる第7巻!